墓地

不安なく葬式を行いたいのなら信頼のできる群馬の葬儀会社に相談を

規模から葬儀の種類を選ぶ方法とは

手を合わせる女性

群馬県でも葬儀の種類を決めるときは、最初に規模を決定することが大切です。参列者が多くなれば、葬儀の規模も大きくなってきます。
遺族と親族だけであれば人数は事前にわかります。しかし友人や知人、会社関係の人も参列してもらうと、はっきりした人数はわかりません。
そのため亡くなったことを連絡する範囲から、ある程度予想することになります。人数がわかれば、葬儀の種類も決めることができます。
群馬県でも一般的に火葬式は平均で5人から10人になります。家族葬の人数は10人から20人です。一般葬は20人以上になります。
人数で選ぶ以外では、一般葬のように付き合いの薄い外部の人が多く参列する場合、にぎやかな雰囲気になったり、参列者の対応で忙しくなったりすることが考えられます。
そのため故人の友人や知人が多い場合でも、落ち着いて見送るために、家族葬を選択することも方法の1つです。
逆に亡くなった人が、にぎやかな雰囲気が好きだった場合は、多くの人に見送ってもらうため、一般葬にすることもあります。
また故人が高齢の場合は友人、知人も高齢者の方が多いため遠方からの参列など、大変さを考えると家族葬にすることも考えられます。
ある程度決まったら複数の見積りを群馬県の葬儀業者に依頼してみて、家族にあった規模の葬儀を選びましょう。

Contents

Sub Menu